■B&W 805D3を鳴らすにはまずは足元から!

B&Wの805D(805D3)をせっかく買ったけれど思ったような音で鳴らない・・・
当店でもかなりの数のお問い合わせを頂きます。

805D3を鳴らす上でプレーヤーやアンプも重要ですが、最も重要となるのは足元のセッティングです。
今までに805D3を使用されているお客様から
「低域がでない」「高域がうるさい」「音が広がらない」などなど・・・
様々なお問い合わせを頂いてきましたが、床、ボード、スタンドを含めた足元のセッティングを見直すだけで、劇的に改善することがほとんどです。

しかし、ここに気づかずにケーブルなどのアクセサリーを疑ってとっかえひっかえしてみたり・・・
アンプが悪いのでは?と機器を買い替えてみたり・・・
結局、改善しないで買い替え蟻地獄にはまってしまうケースを沢山見てきました。

805Dシリーズをお使いの方は、アクセサリーやアンプを見直す前に、ぜひ一度KRYNAの「Stage」をお試しください!
当店ではご自宅にお伺いしてスタンドのデモンストレーションも実施しています。
自宅デモは初回限定『無償サービス!!』を行っています。
場所は関東甲信越なら日程を打ち合わせの上訪問可能です。その他の場所はお気軽にお問い合わせください。

下記のフォームよりお知らせください。
担当者より折り返しご連絡させて頂きます。