■スピーカースタンドに求められる条件とは・・・

スピーカースタンドは、ただスピーカーを載せるだけの台ではありません。
使うことでスピーカーの能力を引き出すことのできるアイテムです。
では、スピーカーの能力を最大限に引き出すためにスピーカースタンドに求められる条件とはどんなものでしょうか・・・??

・堅牢な(しっかりした)作りであること
スタンド自体がグラグラしていたのではお話になりません。
しっかりとした作りのものを選びましょう。

・スピーカーの振動を減衰し、逃がすことができる構造であること
スピーカーから音を出して触ってみると分かりますが、小型のスピーカーでもかなりのエネルギーを発生しています。
このエネルギーをきちんと減衰して、外部に逃がしてあげる必要があります。

・固有の音色を持たないこと
スピーカーにはそれぞれ固有の音色があります。
しかし、スピーカースタンドに固有の音色があったらどうでしょう?
このスピーカーには合うけど、あのスピーカーには合わない・・・
音色を持ったもの同士を組み合わせるのは非常に難しいので、スタンドはなるべく音色のないものを選びましょう。

・スタンドが鳴かないこと
オーディオは全ての機器の複合音です。
スタンドが鳴いてしまうとその音が全てスピーカーの音に乗ってしまいます。
これでは何の音を聴いてるのかわからなくなってしまいますよね。

・スピーカーを載せた時の重量バランスが考えられていること
通常スピーカーを載せると頭でっかちの逆三角形の重量バランスになってしまいます。
これでは全体が不安定な状態になってしまいますので、スピーカーを載せた状態でピラミッド型の重量バランスになっている必要があります。

・水平がキチンと出せること
セッティングする際に斜めになっていたのではスピーカーを安定して置くことができません。
キチンと水平が出せる構造のものを選びましょう。

・仰角がつけられること
スピーカーセッティングで重要な要素が3点あります。
まず「水平に置く」こと。
そして「内振りの角度を決める」こと。
最後の一つが「仰角を付ける」ことです。
この3点をキチンと行うことで”スピーカーの存在を消す”ことが可能になります。

上記7点全ての条件を満たすスタンドは・・・
KRYNAのスピーカースタンド「Stage」です!

詳しくはメーカーHPに掲載されていますが、7点全ての項目について考えられた作りこみとなっています。
PLUTONでは常時「Stage」のデモ機をご用意していますので、ぜひ実際にお手に取ってご覧ください。
ご自宅へ訪問しての試聴も承っておりますのでお気軽にご相談ください。