Dynavector(ダイナベクター) DV-507MkII

¥726,000 (税込)

電磁粘性・質量分離型・ダイナミックバランストーンアーム DV-507MkII

質量分離型トーンアームはカートリッジの種類に拘わらず、レコードに刻まれた音楽信号を理想的にトレースします。
反ったレコードの追従性能だけでなく、その再生音は驚くほどの分解能に富み、重厚な低音再生が可能となります。

お取り寄せができます

商品カテゴリー: , ,

説明

【質量分離型トーンアームとは】
トーンアームが果たす2つの大きな役割。
カートリッジのカンチレバーの動きが正確に信号に変換されるようカートリッジ本体を振動させることなく確実に支持すること。
レコードのそりにも十分追随するすぐれたトレース性能を持つこと。

この2つを合理的に解決できるトーンアームが質量分離型トーンアームDV 507MKIIです。
「DV-507MK2」は質量分離型の基本モデル「DV-505」、標準モデル「DV-501」に続き、当社のトーンアームに開する理論的ポリシーを全てとり入れながら、一般のトーンアームに優る使いよさを徹底的に追及し完成させました。
・経年変化の少ない電磁粘性ダンパの採用
・内蔵アームリフター付き
・微調整可能な高さ調整機構
・優れたトレース性能と針圧印加が容易なダイナミックバランス針圧機構
・サブアームのダイナミックダンパーの採用
など「最新の理論と精密加工技術」より生まれた、信頼性の高い数々の特徴を備えています。
外形の大きさも極力コンパクトになっていますので取付けるプレーヤボードを選びません。

レビュー

レビューはまだありません。

“Dynavector(ダイナベクター) DV-507MkII” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です