JBL4344 久々に聴いてみました!

JBL4344は、当時よく売れたスピーカーです。
今思えば、反省すべきは、6畳一間のアパート住まいの住人に4343,4344を売ってしまったことです。
セッティングも、プレイヤー、アンプが、スピーカーの上なんてざらでした。ほんとにひどいですよね!
挙句の果てに、スピーカーの下にブロックですよ!
どんな鳴り方してたか?
恐ろしい!

入荷したので、久々に聴いてみました。
意外や思いのほか、鳴りますが?
3次元的な鳴り方で聴いてみますとスピーカーから音が離れませんので、奥行き、広がり、高さの表現が感じられません。

やはり、当時のスピーカーは、改造するしかないですね!
まず、SP 端子は、交換ですね! あまりにも貧弱です。
内部配線も細すぎますので、交換ですね!
出来れば、最低でも、だまされたと思って、ガラスウールの吸音材を交換してみてください。
高域でのがさついた音がとれ、低域がかなり改善されます。音離れも良くなります。

4344でホログラフィックサウンドも夢ではありません!
ただし、オリジナルにこだわる場合、改造は、やめた方が良いと思います。