OnlineStore
≫オンラインストアTOP ≫HOME
AR Series外観
オンラインストア
店舗のご案内
オーディオ製品の修理
中古オーディオの販売・買取・下取
ショッピングに関するお知らせ
お問合せ
メールでのお問い合わせ
KRYNA オーディオラック
AR Series


AR-150(内高さ15cm) ¥29,000(税込)  生産終了モデル
AR-200(内高さ20cm) ¥30,000(税込)  生産終了モデル
AR-250(内高さ25cm) ¥31,000(税込)  生産終了モデル
AR-300(内高さ30cm) ¥32,000(税込)  生産終了モデル
AR-350(内高さ35cm) ¥33,000(税込)  生産終了モデル
AR-3T(ボードのみ) ¥24,000(税込)  生産終了モデル
ラック選びの幅が広がります。
松倉裕●PLUTON

 あなたがラックに収納したいシステムって、どんな物がありますか?
 もちろん、今探しているのはオーディオラックですから、 まずは『オーディオ機器』(アンプ・CDプレーヤー・アナログプレーヤーなど)を収納したい方がほとんどだと思います。
 しかし、実際の使い方としては、テレビの下や脇にラックを置いて『AV機器全般』もすっきり収納できれば、その方がもっと便利ですよね?

 KRYNA(クライナ)で話題のオーディオラックorquesta(オルケスタ)もとても良いラックなのですが、 テレビ周りのAV機器(BDプレーヤーとかHDDレコーダーとか)も全部収納するとなると、かなりの台数(=予算)が必要になってしまいます。
 かといって、一体型のAVラックに全てを収納してしまうというのも困り物。
 大事なオーディオシステムにはラックが悪影響を及ぼしてしまうし、一度システムを収納してしまうと移動するのも困難になってしまいます。
 新しい機材を追加しようにも、「もうラックにスペースが無い!」なんて事もありがちですよね。(私は、最近それでXBOXの購入をあきらめました・・・)

 orquesta(オルケスタ)との組み合わせ技としては、旧モデルのARラックを使うことも出来るのですが、 「やっぱり、orquesta(オルケスタ)とはちょっとイメージが違うよね」と言う声もちらほら。
 人によっては、"左半分はorquesta(オルケスタ)・右半分はARラック"と、分けて使っている方もいらっしゃいました。

 そこで!!
 お客様の強いご要望に合わせて、旧モデルのARラックをリメイクしたのがこちらのラックです。
 ARラックの売りであるサウンドボード構造はそのままに、外観(色・形状)をorquesta(オルケスタ)と揃えたAR Seriesならば、 より違和感なく組み合わせて使うことが出来ます

 orquesta(オルケスタ)の特徴の一つでもある「D-PROP mini取り付け用の溝」も装備。
 「七宝焼ロゴプレート」までついているので、orquesta(オルケスタ)と組み合わせて使った時の相性はバッチリ!
 さりげなく混ぜておけば、気づかない人もいるくらいなんですよ。

 もちろん、AR Series自体もしっかりと作りこまれているので、orquesta(オルケスタ)との組み合わせだけでなく、AR Series単体での使用もオススメです。
 使い勝手が良く、オーディオボードいらずのこオーディラックで、新しいオーディオ生活を始めてみませんか?

★今なら「orquesta&AR series 使いこなしテクニック BOOK」をもれなくプレゼント致します!



この商品について相談する
ラックの組み立て方が
知りたいです!!

ラックの丸い溝は
一体なに??

ラックは何段まで
重ねられますか?

ラックのがたつきは
大丈夫ですか?

ラックの
イチオシポイントは?


 




現在、投稿されたレビューはありません。
お客様からのご感想をお待ちしております。


あなたもレビューを書いてみませんか?
AudioShop PLUTONでは、実際にご使用頂いたお客様からのご感想を募集しています。
書込みの内容は一旦スタッフの方でチェックした後に反映されます。反映されるまでにしばらくお時間がかかりますのでご了承下さい。

ニックネーム評価
評価内容
 
AR-150
AR-200
AR-250
AR-300
AR-350
クリックすると拡大します